fc2ブログ

好奇心は身を滅ぼす。君は多くの事を知りすぎたようだ

と、ずっと梅干しを食べた後みたいな口の形をしている宇宙人に言われたわけではないが、一昨日公開初日に「シン・ウルトラマン」を見てきた。

こうしていざ見てしまい様々な情報がアタマに入ってくると、もう言いたいことがクチをついて溢れそうになってしまうのだけど( ̄。 ̄;) ここはぐっと我慢して、もっとたくさんの人が劇場に行ってある程度落ち着いてからにしようと思う。

ともかく一言で言えばウルトラマンに某かの思い入れがある人であれば最高!と、しか言い様がない映画なので、まずは劇場に行ってその目で確かめて頂きたい。

とりあえず今回は平和に(?)GWの回顧をやっておくが、まずは先週行ってきた「ニジゲンノモリ」の話から。そしてこの記事の次くらいに香川で見てきた映画の話を綴る予定。

ここは淡路島に一昨年出来たサブカルをテーマにしたテーマパークで、主な対象作品としてはドラゴンクエスト、クレヨンしんちゃん、鬼滅の刃、NARUTO、エヴァンゲリオン、そしてゴジラ等で構成されている。

私の場合今回は当然ゴジラのエリアである「国立ゴジラ淡路島研究センター」を目的に来たのだが、最大の目玉であるアトラクション「ゴジラ・ジップライン」という、高所からゴジラの体内に突っ込むコーナーは我が輩が高いところダメなので(T^T) 敢えて乗りはしなかったけど、外から見てもこれがなかなかの迫力だったのである(下写真はゴジラを「おおっ」と畏怖の念で見つめている我が輩)
9862FF83-77CD-4E46-8785-F274F979F2AD.jpg

ここ以外の展示や高所では無いアトラクションはすべて満喫できたので(^_^;) 遠征した甲斐はあったというもの。特に入って直ぐにプレシアターで見せられるシン撮じゃなくて、新撮の映像はショートフィルムではありながら淡路にゴジラが出現したという気分を盛り上げるのに多いに役立ち、部屋を出て上の↑ゴジラの姿を目にしたら完全に"映画の中の人"の気分になっていたな(四国に上陸してくれたらもっと良かったけど)

ほかにも展示が今だと「ガイガン五十周年」という特集で組まれていて、近年あった「特撮のDNA」の時とも趣の違ったプロップ群が揃っており、あれなら物量はそれほど多くないけど濃い特撮ファンでも十分楽しめる中身だったとも言えよう。
IMG_0440.jpeg

IMG_0441.jpeg

これ以外はドラクエにも行ってきたが、また来てみたいと思える面白い所だったので、なるべく平日休みの時に再訪しようかと思っている。少し入場料はお高めだけど( ̄▽ ̄;) 同ジャンルのお好きな方には強くオススメさせていただきます。

※参考動画。私は乗れなかったので他の人の体験映像をご紹介。
関連記事
しろくろShow
Posted byしろくろShow

Comments 16

There are no comments yet.

怪しい鱗人  

私も今日見てきました。

本当に言いたいことがいっぱいあって、できる事ならしろくろShowさんとお酒でも飲みながら語り合いたいです。いつかは四万十川へ鮎釣り遠征して四国上陸の際に実現したいと思っていますがいかがでしょうか(笑)。

2022/05/15 (Sun) 19:42
しろくろShow

しろくろshow  

全然OKなのでそのうち計画しましょう

>怪しい鱗人 さん

こんばんは、コメントありがとうございました_(._.)_

久しぶりに酒飲みながらあーでもないこーでもないと( ̄▽ ̄;)言い合いたくなる映画にヒットしましたね~。それがウルトラマンだったのは我々特撮ファンの性というヤツでしようか。

>>いつかは四万十川へ鮎釣り遠征して四国上陸の際に実現したいと思っていますが

いや、わたし本気で其のプラン乗りますので(^_^;)四国入りする時は早めに声かけてください。海洋堂ミュージアムで落ち合って夜に高知市内で飲む、というパターンもアリかなと思ってますので、その機会が訪れましたらいつでもご連絡お待ちしております。

2022/05/16 (Mon) 19:11

トガジン  

自分の目が信じられません!

こんばんは。

タイトルは先日お亡くなりになられた渡辺裕之さんがゴジラを目視したときのセリフです(合掌)。
しろくろshowさんがゴジラを見上げている写真見て自然にあのセリフが浮かびました。
あのアングルで見るとホントに凄い迫力ですね。

あと、私も明日(17日)『シン・ウルトラマン』観てきます!。
特撮好きとしては早くお仲間に加わりたいですから(笑)

2022/05/16 (Mon) 21:32

楽珍劇場  

「『シン・ウルトラマン』、私の好きな映画です」

ようやっと公開されましたね!ワタシも仕事休んで初日に初回を観てきました~
「ボクらが好きなもの」がギッシリと詰まったとんでもなく濃厚な2時間でしたね!

明るく楽しいエンタメに恐ろしくマニアックなネタやフェティッシュなエロスが次々と投入されるという、樋口氏&庵野氏コンビだからこそ実現できたサービスメガ盛りのお祭り映画だと思います
(あと、タイトルでも引用しましたが彼の口調はついマネしたくなりますねぇ)

それにしても最近の円谷プロの勢いはすごいですね
本作と現行TVシリーズ、ネットオリジナルの『ギャラクシーファイト』にCGアニメの『ULTRAMAN』と、同時期に新作ウルトラがこんなに…なんて贅沢な時代なんでしょう

2022/05/17 (Tue) 09:48
しろくろShow

しろくろshow  

思わず「でっかい顔して歩くんじゃねぇ!この田舎モンが」と言ってやろうかと

>トガジン さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

ここは武田鉄矢になって敢えて踏み潰される、と言う体験もしてみたかったですが(ほんとの田舎モンである自分に言われたら本気で腹立つんじゃ無いかと思いますし( ̄▽ ̄;))

それから「シン・マン」楽しんできてください。わたしは6月に予定されている字幕版上映にも行くつもりです(なんなら通常版をもう一回見てもいいかなと)

2022/05/17 (Tue) 18:31
しろくろShow

しろくろshow  

山本耕史の代表作になるかも

>楽珍劇場 さん

こんばんは、お久しぶりでした。コメントありがとうございますm(__)m

今日で興収が十億突破したようで、このままシンゴジ超えを目指してもらいたいですね。しかしまだ具体的な感想は書けないです(__;)もうネタバレ抜きじゃなんにも語れないですよね、あの映画。

いま言えることは「長澤まさみが最高」というのと「怪獣がたくさん出てきて嬉しい」の二点くらいですし。

そういや円谷プロの決算資料に「シン・マン」の続編らしきタイトルがあと二作あるという情報もあったそうで、これはぜひやってもらいたいです。

2022/05/17 (Tue) 18:40

ももPAPA  

こんばんわ♪

このアトラクション ゴジラに飲み込まれる そんな
感覚が疑似体験できそうですね。
自分も高い所は苦手ですが、これだったらいけるかもです。

2022/05/17 (Tue) 22:09
しろくろShow

しろくろshow  

すごい迫力でしたよ(__;)

>ももPAPA さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

あれは下から見上げてもすごい迫力で、乗ったらたぶんもっとおもしろいのはわかっていたのですけど( ̄。 ̄;)何分ビビリなもので、今回は逃げてしまいました。

もう少し低いところにもう一本通してくれたらいいんですが・・・

2022/05/18 (Wed) 18:31

はらみ  

お久しぶりです。「シン・ウルトラマン」私も見ましたよ。
しろくろさんの感想お待ちしてます♪
「シン・仮面ライダー」も楽しみ!
この後もシン・シリーズは続くのでしょうか?
「シン・キカイダー」とかあったらいいなあ。

2022/05/18 (Wed) 23:49
しろくろShow

しろくろshow  

噂レベルですが

>はらみ さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_
こちらこそご無沙汰しておりますー(^^)

「シン・ウルトラマン」わたしはあと二回は見ようと思っているので、ここに感想を上げる時は世の中が落ち着いて誰もシンマンのことを話題にしなくなった頃じゃ無いかと言う気がしてます( ̄▽ ̄;)

「シン」ユニバースですけど噂では庵野さんの好きなタイトルをあげていくと「マイティジャック」ではないかとか「ミラーマン」ではないかとか、そういう予想をしている方もおられましたね。

その前に高い確率で「シン・ウルトラセブン」「シン・帰ってきたウルトラマン」まではあるかも・・・

2022/05/19 (Thu) 18:53

ポール・ブリッツ  

「シン・ウルトラマン見てきてアツく語り合いたいですがネタバレ禁止っすよね……。

リアリズムヒーローものとして無性に面白かったけどインパクト的には完全に「シン・ゴジラ」に負けているので少々食い足りないのであります。「ウルトラマン」ということで事件が起こる前から安心してしまって、「シン・ゴジラ」のときの「人類はほんとにもうみんな廃墟の中で死ぬしかないんじゃないか」って思えるくらいの東日本大震災当時を見事に表現した濃密な絶望と乾いた虚無的な明るさの支配する世界のような空気を体感できなかったのはちと残念だぞ、と。

それと、作中の科特隊的な組織が余りにもミニマムな「閑職じゃないのかここ」ってくらいの部屋と備品しか与えられてなくて、これじゃMM9の「気特対」のほうが活躍できる場所として予算が使われているように見えるのですが、っていう気分になったのもちょっとかなり残念。せめてウルトラ警備隊とは言わぬが……。

バルタン星人を出さなかったのは「シン・帰ってきたウルトラマン」をやるための伏線じゃないかなあと思えたのももにょるところで。今度はバルタン星人(ジュニアだけど)がやってきますよ、って宣伝したら、まず絶対見るでしょ、って計算がほの見えて。うーむ。

まあこれだけ文句が出るということはいい映画なんだけど、うーむ。

まさか次は「シン・撃の巨人」(笑)

2022/05/20 (Fri) 01:54
しろくろShow

しろくろshow  

わたしは寧ろ

>ポール・ブリッツ さん

こんばんは、コメントありがとうございました_(._.)_

「シン・ゴジラ」よりリアリティラインが下がったことについては寧ろオリジナルの「ウルトラマン」という作品の魅力を踏襲していると思いましたし、おおらかな時代のテレビ娯楽活劇をリブートする以上「ゆるさ」が存在しているのは個人的に大歓迎という感覚でした。

そもそも私などは同じ樋口・庵野のコンビと言っても「シン・ゴジラ」と同じ物を作ることはまったく非生産的で意味の無いことだと考えておりましたので、ポールさんが書かれた「濃密な絶望と乾いた虚無的」というのはある意味で無くて良かったとさえ思っています(そういう要素があったら逆に「ウルトラマン」じゃなくなってしまうのではとも思うのですよ)

あと禍特対に関しても元祖・科特隊自体パリに本部があると言いながら劇中では数名の隊員しか姿を見せませんでしたし、岩本博士なんかも外注の科学者でしょうし、それほどの大組織感は元々無かったんですよね(^_^;)

これが「シン・ウルトラセブン」だったら防衛チームの規模はそれなりのスケールが必要になると思うんですけど、科特隊ならこんなもんだと納得してしまいました。

また、ここいらはそのうち長々と書こうと思いますが( ̄。 ̄;)いまんところはそんな感じですね(で、じつは昨日2回目を見に行ってきました・・・)

2022/05/21 (Sat) 16:59

ポール・ブリッツ  

なるほどベクトルが違いますね

それなら「シン・ウルトラマン」は「スゲエ」作品であって、「シン・ゴジラ」は「パネエ」作品だ、というのはどうか(笑)

(例)
「パシフィック・リム」=「スゲエ」作品
「ゴジラ(2014)」=「パネエ」作品
「ゴジラファイナルウォーズ」=「ヤベエ」作品(笑)

2022/05/21 (Sat) 23:31
しろくろShow

しろくろshow  

おそらくは

>ポール・ブリッツ さん

こんにちは、コメントありがとうございますm(__)m

公開後評価が別れているのはウルトラマンに何を求めるかということが世代間、及び沼の深い特撮ファンとそうじゃない層では決定的に違っているのでしょうね。わたしyoutube(若い映画系ユーチューバーの方でした)でいちばん納得した意見は「オッサン特撮ファンがおっさんにむけて作っている映画」という一言でした。ほんとその通りだなと思いましたね(__;)(シニア特撮ファン向け?)

2022/05/22 (Sun) 12:13

瞳  

おはようございます

おはようございます。
さきほどブロとものところからメッセージを送らせていただきましたが(お返事が遅くなり申し訳ありませんでした)こちらにもコメントさせていただきます。
ウルトラ世代なので、「シンウルトラマン」気になっています。時間があえば観に行きたい~~。

淡路島、ずいぶん前にいったのですが、こういうアトラクションが出来ていたとは知りませんでしたよ~!!すごい迫力!高いところは全然大丈夫なので体験してみたいです!(^^)!

リンク早速貼らせていただきました。どうぞよろしくお願いします。

2022/06/03 (Fri) 07:16
しろくろShow

しろくろshow  

ありがとうございました

>瞳 さん

こんにちは、コメントならびにブロとも承認ありがとうございましたm(__)m
こちらでもリンクの反映させていただきましたのでまたご確認いただけたらと思います。

四国のお仲間がふえて大変嬉しいです( ̄▽ ̄;)
今後ともよろしくお願いいたします。

それから現地からの貴重な讃岐映画情報、こちらも楽しみにしております(負けないよう阿波映画情報も発信したいところですが(__;))

2022/06/03 (Fri) 12:24

Leave a reply