FC2ブログ

映画わんこそば体験を貴方も

YE.jpg


順延に次ぐ順延で開催が流動的だった米子映画事変(本来なら記念すべき10回大会だったのに)だが、人気企画である「3分映画宴」をとりあえず明日オンラインで上映することになったそうだ。

急な話で日程も明日の夕方というのが急ごしらえ感あってなんとも言えないけど( ̄▽ ̄;) 過去現地に何度も足を運んで映画宴を楽しんだ者としては、一人でも見てくれる人が増えてくれればいいなと思っている(逆に言えば米子まで行かなくてもこれを見られるわけだから、ある意味お得感はあると言えましょう)

米子近隣にお住まいの方であればリアル会場である米子マンガミュージアムで無料生鑑賞が可能(別途入館料が必要)配信の方はライブだけなのかアーカイブが残るのか、少しその辺の情報がわからないけどライブの方が臨場感あって楽しいと思うので、17時に帰宅できる人はなるべく次のリンク先をチェックしていただくか、電車移動の方であればスマホでご覧になってくださいまし。

視聴者からの生コメント(無論アカウントのある人なら誰でも投稿は可能)をリアタイで目にしつつ、この映画祭の特徴である審査員(上記画像に名前のある方々)が映画を見ながらツッコミを入れるのを一緒になって楽しむことも出来ます。

「第10回 3分映画宴(オンライン)」
~3/31(水) 17時20分(配信は17時スタート)上映開始予定~

※この米子映画事変や三分映画宴が何なのか?と言うのは過去の本ブログアーカイブ記事を参考にしてください

□2015年 3分映画宴 高松出張大会

□2015年 第5次米子映画事変

□2016年 第6次米子映画事変

□2018年 第8次米子映画事変

□2019年 第9次米子映画事変

□2019年 第9回三分映画宴

来年こそは現地参加できたら良いのだがなあ・・・


※3/31追記 なんとなくアーカイブとして見られそうなので下に貼り付けてみた。視聴不可になったらまた外そう。わたしも全部は見られてないので、この後ちゃんと見るつもり。



※※4/1追記 夕べはなんとか就寝前に33本全部見たが( ̄▽ ̄;)相変わらずプロっぽい作品から素人感溢れる映画まで多種多様(まさに玉石混淆とはこのことだ)個人的には「将軍暴れ旅」(上動画59分21秒あたり)がみょーに心に残ったなあ・・・ で、この配信見た人ならおわかりだと思うが、グランプリに輝いたのは「OPボーイ」(同24分30秒あたり) 審査委員の樋口監督がプッシュしていた昭和の中二病丸出し映画だが、これはわたしもかなり気に入っている。

ほかでは準グランプリに今っぽいネタの「コロナ失恋」(同1時間11分30秒あたり)審査員特別賞がこの映画祭では珍しく可愛いアニメ「アノナツココナツ」(1時間56分15秒あたり)中みね子(故・岡本喜八監督の奥様)賞にご当地映画「まちなかのネギ姫」(同1時間39分20秒あたり)ちょっとしたファウンドフッテージ物だったアニメ会賞「不思議なポーチ」(同1時間54分10秒あたり)スプラッターロボット人形アニメ(?)「PPP」(同53分14秒あたり)が吉川広家賞を受賞。

今年は女優さんがみんな巧くて可愛い人が多かったのと、特撮系の作品がわりと多かったのも楽しかった。結果論だけどこうしてエントリーされた作品を全作見て貰える環境が整ったのはある意味良かったのかもしれない。
関連記事
しろくろShow
Posted byしろくろShow

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply