FC2ブログ

光の国からコロナの星へ、来たぞ我らの

数日前特報が初めてネットで流れ、その日twitterのTLでは騒然となっていた「シン・ウルトラマン」

今のところだが今夏公開予定と言うことでそれ以外の情報はまだ流れてきていない。しかし僅かの尺とはいえこうして動いている物を見せられるとわくわくする気持ちを抑えることはできなかった。

1453828366048.jpgそして今回はこの少し前に情報が解禁になった「ゴジラ"Godzilla" VS コング"Kong"」よりも、さらに言うと5年前の「シン・ゴジラ」の時以上に己の心が躍っていたことに我ながら驚いているところでもあるのだ。

やはりウルトラマンという存在は自分にとってかなり特別な物なんだなと、あらためて実感中。

で、昨年キービジュアルを見せられたときは若干従来のウルトラマン像とは違う物になるのかと思っていたけど、コレを見たら特に顔の形はAタイプとBタイプの折衷案みたいになっていて少し安心したところはあったかもしれない。

また、登場していた怪獣はネロンガとガボラというよく似たタイプの怪獣(オリジナルは東宝怪獣のバラゴンを改造した物なので本体の姿はほぼ同じ。参考までに下写真は左からバラゴン→パゴス→ネロンガ→マグラ→ガボラ この人たち全部ベースは一緒)だったのもお馴染み感(初期の人気怪獣)という意味では良いチョイスだと思った。
画像1
それでネロンガはともかく特報の中に出てきたガボラはほとんど「エヴァンゲリオン」の使徒のような姿をしていて、そこは大胆にアレンジしてきたなと言う物も感じさせてくれたし(あんまりいじるのも賛否両論あるだろうけど、私はカッコ良いと思ったなあ)この映像からは明らかに「シン・ゴジラ」と近い物を感じさせ、やはり今回も「お役所VS怪獣」という基本図式は変わらないのかという想像はしている(樋口監督が演出担当したテレビシリーズ「MM9-MONSTER MAGNITUDE-」にウルトラマンを足し込んだような展開になるのかも。或いは作品世界が「シンゴジ」と地続きのようになっていて、巨災対が科特隊に発展するような流れもあるのでは?と下衆の勘繰りを巡らせてみたり)

なにせ今のところ「シン・ウルトラマン」に関しては尋常ならざる楽しみ以外何物でも無いという感じで、この夏はこれだけのために仕事も頑張れそうな気分にもなっているのである。今後まだまだ続報は出ると思うので、それを見聞きするたびに自分の中の期待値は天井知らずで上昇し続けることだろう。

ああ、それにしても早よ完成品が見たいわ
関連記事
しろくろShow
Posted byしろくろShow

Comments 10

There are no comments yet.

ゾンビマン  

お邪魔します

早く見たいですね。
むちゃくちゃ楽しみです。
公開延期にならない事を祈ります。

2021/01/30 (Sat) 17:09

楽珍劇場  

「空想特撮映画」に心躍ります

夜勤中の金曜日早朝、職場のTV(確か「ZIP!」のエンタメ情報)で映像が流れてビックリしました
シンプルで美しいウルトラマンにマジ感激です
隣で観ていた同僚の女の子が「すごいCG、でもウルトラマンって手作り感が面白いのにねー」というなかなかに侮れない発言をしていたのが印象的でした

ところでやはり気になるのは公開時期ですね~
『エヴァンゲリオン』もまだ調整中ですし…なんとか55周年の今年中にはお願いしたいですね

余談ですが、YOUTUBEで配信中の「ウルトラマン55周年記念PV」は素晴らしいです
実に胸が熱くなる編集で「ワタシ、こんなにウルトラマンが好きだったのか」と改めて実感させられます

2021/01/31 (Sun) 02:24
しろくろShow

しろくろshow  

特報では「初夏」になってますが

>ゾンビマン さん

こんにちは、コメントありがとうございました_(._.)_

この「初夏」というのを信じるならあと半年くらいまで待てばいいのかと思っていますが、どんなに遅延しても年内には公開してほしいと言いたいですね。あまりお預けが長くなるのもメンタル的にしんどいものがありますし(__;)是非とも予定に近い線でやっていただきたい物です。

2021/01/31 (Sun) 11:31
しろくろShow

しろくろshow  

PVには例の台詞も

>楽珍劇場 さん

こんにちは、コメントありがとうございました<(_ _)>

55周年PV私も見ました。確かにあれは胸熱でしたね~(>_<) あの中にゾフィーの「ウルトラマン、そんなに地球人が好きになったのか」という最終回の台詞が入っていたのですが、今回の「シン・ウルトラマン」のキャッチコピーもこの言葉になっていたのが何やら伏線めいた物を感じてしまいます。

ただ単にゾフィー的なキャラが映画にも出るのか、それとも地球にウルトラマンが来た意味をあの台詞が示唆しているのかとか、いろいろと考えちゃうんですけど何せ庵野+樋口のコンビなんで実際の本編ではまったくそのことスルー、みたいにスカされる可能性もありますよね( ̄▽ ̄;)

とりあえず次はもう少し長い予告編が出てくるのが楽しみです。

2021/01/31 (Sun) 11:41

トガジン  

出たかった・・・

こんにちは。

そういえば、以前この作品のエキストラ募集にお誘いしたことがありましたね~。
私は何回か応募したのですけど結局一度も当選出来ないままクランクアップを迎えてしまいました。
機動隊が公園みたいなところを走っているところを見ているとあの募集のことを思い出します。
確か募集内容が「機動隊員役」とか「自衛隊員役」といったものがやたら多かったんですよね。
もっとも、当選したところで今の自分の体型ではあんな重装備で走り回るのは無理そうですけど(笑)。
でも、せめて大勢で上を見上げている一般市民の一人くらいにはなりたかったです(笑)。

『シン・ゴジラ』『シン・ヱヴァンゲリヲン』そして『シン・ウルトラマン』と頭に「シン」が付く庵野作品が続きますが、やっぱりどこかで繋がっている同じ世界のお話なのですかね。
あの科特隊(?)の前身は実は巨災対だったとか、東京駅(すなわち皇居前)にはまだ凍ったゴジラが佇んでいるとか・・・?。

2021/01/31 (Sun) 13:11
しろくろShow

しろくろshow  

エキストラは声もかからずでした

>トガジン さん

こんばんは、コメントありがとうございます(・_・)(._.)

私は逃げ惑うモブで全然良かったんですけど、まあ全くもって梨の礫でした( ̄▽ ̄;) それにしてもこの特報にはホントに久しぶりに心がざわつきましたですね。ちゃんとネロンガが透明怪獣であるというのもわかりましたし、ガボラの動きの微妙な気色悪さはいい意味でワクワクしてしまいました。 

で、本文にも書いてますがこの特報だけ見たら完全に「シン・ゴジラ」のテイストになってるなと言う気がして仕方がありませんでした(ほとんどおんなじスタッフでやってるんだから当然だろうとも思いますけど)斎藤工がベータカプセル持ってたのも彼があのまま変身するとは素直に受け取れなかったですし、まだ出てくる怪獣や宇宙人は何体かいるのではと、夢想状態はまったく止まっておりません(~_~;)(それかオリジナル「ウルトラマン」の設定をいただいた「ヒドゥン」の設定を逆パクリしてみるのも面白いかなとか・・・)

しばらくは「シン・マン」の話だけで酒の肴になりそうですね。

2021/01/31 (Sun) 17:24

ポール・ブリッツ  

見に行くとは思うけど、サイトの「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン」っていう台詞に、若干の地雷臭を感じます……。

昨今のありがちシリアス深夜アニメみたいな展開にするのなら、もしかしたら映画館には行かないかもしれんなあ……と……。

2021/02/01 (Mon) 14:01
しろくろShow

しろくろshow  

個人的には期待しかありません

>ポール・ブリッツ さん

こんばんは、コメントありがとうございました(__)

私は現状だとまだまだ少ない情報しかない中で、この特報とサイトを見たら楽しみしか感じられなかったですし、地雷臭なんか1ミリも感じませんでしたねー・・・この台詞は元々オリジナルシリーズ最終回でゾフィーが口にした言葉ですが、そういうキャラが映画に出るのか或いは誰か違うヤツが喋るのか(そもそもこれが本編で使われるのかどうかも含めて)それを想像するだけでワクワクしてしまいます。

2021/02/01 (Mon) 19:06

mimi-pon5  

ウルトラマン

こんばんは♪

予告編拝見致しました^^とってもスタイリッシュでシャープなウルトラマンですね! 音楽もクール。新怪獣?の造形もなんだか見たこともないようなドキドキ感が。監督が同じせいかキャストも「シン・ゴジラ」を彷彿させて、どんな形のヒーローとなってみんなの前に現れるのか予想出来ないのがまた楽しみですね。

わたしは再放映も含め「ウルトラマン」から「タロウ」まで世代だったんです(^.^)今年、中学に上がる甥っ子がちょうど小学校低学年のころ、国民ヒーロー「ウルトラマン」&「仮面ライダー」に案の定ドハマりしまして、その影響でわたしもその時何年かぶりにDVDなど一緒に見てそのお話の奥深さに仰天。会社の同僚の男の子にもDVD貸したりなどして(笑)「なんで今頃ウルトラマン?」なんて驚かれましたけれど、やっぱり夢中になってましたよ~。わたしにとってウルトラマンは優しさ、セブンは人生の厳しさを教えてくれたような。セブンは世界感が崇高ですね。特撮ファンの方たちにとってもやっぱり永遠に特別な存在なんでしょうね。

甥っ子はいまはほかに興味が映ってしまった年代ですが、またきっと大人になったらウルトラマンの世界に戻るような気がします(^-^*) ちみなに甥っ子が小学生の時いちばんお気に入りだったのは「レオ」だったようです~ウルトラ兄弟が集まるのが最高だったみたいです♪
しろくろShowさんのワクワク感が伝わります♪楽しみがあると日々頑張れますね(#^.^#)

2021/02/01 (Mon) 20:22
しろくろShow

しろくろshow  

私の場合は

>mimi-pon5 さん

こんばんは、コメントありがとうございました_(._.)_

「シン・ウルトラマン」はこの特報だけではなんとも雲を掴むような話で、今は勝手に妄想をかき立てるしか術はないのですが、それすらが楽しい行為になっています(^^)

それで私の場合ですがウルトラの洗礼は「ウルトラファイト」という帯番組(月~金でやっていた「ウルトラマン」「ウルトラセブン」の格闘場面だけのダイジェストにプロレス実況が付いた5分ほどの番組でした)が最初で、これが4~5才の時でした。

その後直ぐ新番組として昭和46年から「帰ってきたウルトラマン」がスタートしまして、ここからリアタイ視聴に入り完全にドはまりして未だにこの沼から抜けられずにいます( ̄▽ ̄;)(長いこと足取られてるなーという感じですね)

最近までやっていた「ウルトラマンZ」も毎週見てましたし、おそらくウルトラとの付き合いは今後死ぬまで続くだろうとも思っています。

それにしても女性でウルトラを熱心に見ていた人は意外にたくさんいたんだなって、このブログを始めてからそれは強く感じました。mimi-pon5さん含めて過去数人の方からそういうコメントをいただいたことがあったので、ウルトラシリーズの影響力のすごさは男女関係ないんだなってのを思い知りましたよ。

2021/02/02 (Tue) 18:59

Leave a reply