FC2ブログ

春の脳内棚卸しPART2

そんなわけで前回の続き。今回は映画以外の話を書くが、それはなにも見た本数が少なかったというわけではなく、逆に多すぎてアタマの中の整理がついていないからというのもあるのだ(明日契約が終了するWOWOWのおかげで日々垂れ流し的に映画をかけていたような状態だったし←こういうのを「流し見」という( ̄。 ̄;)きっと適当に見てるから記憶に残っていかないのだろうなあ)

「ストレンジャー・シングス/未知の世界」(Netflix)・・・昨年「ゴジラ・キングオブモンスターズ」を見た際にキャスト情報でマディソン役のミリー・ボビー・ブラウンが「ドラマ"ストレンジャー・シングス"でブレイクした」と紹介されていて、そのときから気になっていたタイトルではあるのだけどなかなか腰据えて見る機会が訪れず、実視聴がこんなに遅くなってしまったのであった(現在シーズン3までが放送済みで新シーズンの製作も既に決まっているという人気ぶりなのに)

わたしは最近ドラマを見る際は映画以上に事前情報を入れず(キャストと最低限の概要程度だけは見るけど)初回を見るようにしているのだが、このドラマに用意されている80年代小ネタの数々に掴みの部分でまんまとひっかかってしまい( ̄。 ̄;) そのまま一気に引っ張られて最新エピソードまで完走してしまったのである(海外ドラマでは久しぶりにハマったヤツに出会えた気分)

時代設定を1983年スタートで描いていることもあり、この年代に10代だった人なら劇中の細かい描写に「おーおー」と反応することは請け合いだし、だいたい初回の主役少年グループの風情が完全に「E.T」の冒頭(エリオットたちがゲームをやりながらピザ食ってる場面)を彷彿させ、作ってる方がもう完全に「それ狙い」で来ているのがわかる出だし(他にも80年代のSFホラー映画のオマージュが山盛り)

それにプラスしてお話のメインは「別次元(多次元、または異次元)とのかかわり」というSFでも古典の部類に入るテーマで、しかも複雑な伏線もなければ心底イヤなヤツも登場せずドラマの軸自体はストレートなジュブナイルというのがひじょーに口当たりが良くて、すべてのシーズンを10話以内でいったん決着させてくれるのも物凄く見やすかったのである。

昨今の「海外ドラマ疲れ」(登場人物がとめどなく増えて相関関係がよくわからなくなった末に餌巻きのごとく伏線ばっかり張られて、しかもすぐ回収されることはなく1シーズン20話以上使って追いかけても最終回で見事にスカされるあの悔しさという←それも海外ドラマの楽しみ方の一つではあるのだが、そればっかりというのもけっこうしんどいもんがあるわけで(思えば「ウォーキング・デッド」はそれに疲れてシーズン7で止めてしまった))を思うと、この親しみやすさは却って新鮮だなと言う気がしているのだ。

さらに取っつきやすさだけではなくホラー感溢れる異次元の世界やそこから往来するモンスターたちの描写もすごく丁寧に作られていて映像的な迫力はかなりの物(ネトフリのオリジナル作品ではよくあることだが、そこいらは映画並みと言って良い) 

また、子供たちだけではなく親側のサイドストーリーも同時に織り込まれて世代間を跨いだドラマが構築されているのも面白いのだ(私の世代であればかつてアイドル的存在の女優でもあったウィノナ・ライダーが猪突猛進型の母ちゃん(ややチンピラ女風味なところも良い)を演じているのも見所。私にとってはやっぱり「シザーハンズ」と「ビートルジュース」と「ヘザース」で忘れられない人でもあるのだよ)

先に書いたジュブナイル云々の魅力で言うと、子役たちの好演がとにかく光っているのが良いのである。それでなんかこの雰囲気どこかで見たなと思ったら「IT/それが見えたら終わり」の少年少女(劇中で「ルーザーズ」と呼ばれていた連中)に酷似していることに気がついたのだが、制作順は「ストレンジャー」が先なので、あちらがこれを参考にしたのかなと言う想像もしている(考えてみればそれもそのはずで、本ドラマでマイク役を演じたフィン・ヴォルフハルトは「IT」でも主要キャストのリッチー役で出演していたわけだし)

中でもなるほどなーと感心したのは実質主役のエル役ミリー・ボビー・ブラウン。「ゴジラ・キングオブモンスターズ」の時も巧い子だなあと思っていたが、このエル(最初は「11(イレブン)」)はいきなり丸坊主で登場し言葉をあまり喋らない謎多き少女として物語を引っ張っていくのだけど、決して美形ではないがその少年ぽい凜とした佇まいと意志の強そうな表情が見る者の視線を引きつける力を持っていると思うのである(見る角度にもよるがなんとなく林マヤに似てる時もあり(__*))

こんなに勢い込んで(?)見たドラマもホント久しぶりだった。まもなくシーズン4が配信予定だが、ここまで3シーズン全25話。すぐ追いつけると思うので未見の方は是非ご覧いただきたい。

関連記事
しろくろShow
Posted byしろくろShow

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply