FC2ブログ

みなさん、こんな14枚組をご存じかな

タイトルは故・熊倉一雄さんの声で読むように。

ちょっと前の記事で「古い映画をもう少し見たい」なんて事を書いたのだけど、注文していたことを完全に忘れていたその「古い映画」のブルーレイソフトが一昨日我が家に到着したのである。

もともと発注自体は2月の話で、そろそろ映画館に行くのもヤバいんじゃないかと思い始めた頃だったと思うのだが、たまたまAmazonをネット徘徊しているとき下記のソフトのことが気になり、コレええやんと目を通したのがきっかけだった。

画像1


これはもうかなり前(2012年頃)にAmazon.UKで発売済みだったアルフレッド・ヒッチコック監督の代表作を集めたブルーレイボックスで、おそらく今売られている同監督の同系統DVDボックス商品では最安値ではないかと思われる商品である。これがまだ「新品」でしかも5311円という廉価で買える、という事にも心を惹かれたのだけど、ちょうどクレジットカードのポイントがある程度たまっていたこともありそれをAmazonに転換させたことで2500円分のクーポンが派生していたのであった。じゃ、早速これに使ってみるかと適用し結果5311-2500=2811円の買い物と相成った。

これでなんとブルーレイ1枚あたりの単価が約200円( ̄。 ̄;)となり、これらの名作群をこんな安さで入手できたことをホントに喜んでいるのだ。その14枚の内訳は下記の通り。

「逃走迷路」 (1942)
「疑惑の影」 (1943)
「ロープ」 (1948)
「裏窓」 (1954)
「ハリーの災難」 (1955)
「知りすぎていた男」 (1956)
「めまい」 (1958)
「サイコ」 (1960)
「鳥」 (1963)
「マーニー」 (1964)
「引き裂かれたカーテン」 (1966)
「トパーズ」 (1969)
「フレンジー」 (1972)
「ファミリー・プロット」 (1976)


ところがこうして意気揚々とポチったのはよかったのだが、発売元がコロナ騒動で日本以上に大変なことになっている英国であるというのが災いし検疫だ何だで一向にこちらへ届く気配は無く、日がたつにつれてわたしも注文していたこと自体がアタマから消え去っていたのであった(__;)(自宅に郵便屋さんがコレを持ってきたとき、一瞬何だったかすぐ思い出せなかったくらいで)

届いてからあらためて封を開け箱を手に取ってみたが、明らかに消毒されているのがわかる「それっぽい」薬剤の臭いがしていたのが特徴的(汚れたりは全くしていないし盤面にも異常は無し。パッケージの全容は下写真参照(左がディスク収納の紙製ブックレット。右は外箱。よく見たら左のヒッチコック写真をシルエットにして反転し各作品をコラージュしているのがわかる)
IMG_1311.jpg

ブックレットの中は下写真のようにディスクが無造作に突っ込まれてはいるが、ページをめくると鑑賞意欲がグッとわいてくる色使いをされているせいか、全然悪い気はしなかった。
bd.jpg


ht.jpgこの14枚のディスクはすべてマルチランゲージ対応になっていて、再生して最初の画面で言語を選べばあとはすべてそれが表示される仕様(左画像参照)

また、音声についても同様で全作品で日本語(および多言語)吹き替えが同時収録されている。

それとAmazonのレビューでは「トパーズ」のみ日本語字幕/日本語吹き替え未収録と書かれていたが、まったくそんなことはなかったですわ。

プレーヤー側との相性等もあるかもしれないが、ウチでは「トパーズ」も無事日本語で見られた。それから吹き替えは全14作品が最近録音し直した物で比較的現役の声優さんがアテているようだった。

それでビックリしたのはこの14枚には本編は当然ながら特典映像も14本分付いていて、どうもこのためだけに編集したわけではなく、既発売のソフトをそれぞれ14枚集めてきただけという感じでもあったかな(そのためメニュー画面の作り等が作品ごとに微妙に違う)

ある意味ヒッチコック映画をしゃぶり尽くすには最適のアイテムでもあるとも言えるのではないだろうか(特に演出や撮影の意図を解説してくれるコメンタリー版を本編見た後で見返すと倍楽しめるはず)


あらためてこのソフトの紹介をしておくと、タイトルは「Alfred Hitchcock The Masterpiece Collection」

まだ全然新品で買えるので、興味ある人は是非入手していただきたい。ラインナップとしてはヒッチコックのアメリカ進出後の昨品(ユニバーサル製作)ばかりで、何度もテレビ放映された物も多く今更感はあるかもしれないけど(私の場合だとこの中で未見だったのは遺作の「ファミリー・プロット」と「マーニー」)今見るからこそわかるその撮影テクニックや巧みな構成ぶりと言った、まるでスルメを噛んでるような楽しみ方ができる作品群が揃っていると、そこは必要以上に猛プッシュしておきましょう。

我が輩など最初のテスト視聴で「裏窓」を久しぶりに再見したのだが(10年ぶりくらいになるかな~・・・)これ三谷幸喜とか絶対好きだったろうなとか( ̄。 ̄;) グレース・ケリーってお高くとまっている冷たい美女みたいなイメージがあったけど、なんだよ、かわいいおねいさんではないかと言った今まであんまり思わなかったような感想が次々浮かんできて、思いのほか楽しくなり一気に最後まで見てしまった(全編セットというのもなるほどなと思ったし、主役のジェームズ・スチュワートが部屋から一歩も出ないで話が終わっていくのも考えてみりゃすごい映画だなと←完全に舞台劇の面白さを映画に転換して見せてるよなー)

これがあと13本あるのかと思えば、いやもう当面映画館行けなくてもなんとか凌げるなと、今回はそんな気分にもなってしまったのですわ(念のため書いておくが全ディスク画質、音声ともに私の眼・耳判断ではなんの問題もなし)

※なお、この14本のうち「サイコ」「逃走迷路」「疑惑の影」の三作はアマゾンプライムでも字幕版を無料配信中。ヒッチコック映画見たこと無い人はまずこちらでお試し鑑賞を(ディスク未収録映画としては「汚名」「レベッカ」「見知らぬ乗客」「バルカン超特急」「海外特派員」「三十九夜」あたりも配信中)

関連記事
しろくろShow
Posted byしろくろShow

Comments 2

There are no comments yet.

楽珍劇場  

あなたの手はAmazonのページを開いて、この輸入ブルーレイの魅力にハマって行くのです

これは実にお得なパッケージですね!
ヒッチコック監督作品は、DVDを買った『サイコ』以外は久しく観返してなかったです
『鳥』なんかは高画質で再見したいなぁ

輸入ソフトの値段の安さには時々ビックリさせられます
最近では昭和ウルトラシリーズの全話セットが、1シリーズ3千円~5千円程度ですね

2020/03/31 (Tue) 23:41
しろくろShow

しろくろShow  

そうです、ここはすべての金銭感覚が崩れた恐るべき世界なのです

>楽珍劇場 さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

手前味噌ですがこのソフトについてはほんとに良い買い物をしたなと(^_^;)かなり悦に入ってます。あ、わたしも「サイコ」のBlu-ray中古で買ってましたけど、中身は今回のボックスに収録されていたものと全く同じでしたね。「鳥」も私が見た限りではとてもきれいな仕上がりでしたから、たぶん日本国内で売られているBlu-rayと比べても遜色ないんじゃ無いかと思いますよ。

「ウルトラQ」~「帰ってきたウルトラマン」の海外版Blu-rayもあの値段は大変魅力的でしたが、スカパーや以前WOWOWOでやっていたものと同じ程度の画質と聞いてやめました(多分そっちで録画してなかったら絶対買ったとは思いますが)

この海外版ソフトの世界は沼が深いので( ̄。 ̄;)お互い気をつけねばいけませんね~(「ジャスピオン」とか「銀河大戦」の全話ボックスも気になってます)

2020/04/01 (Wed) 18:41

Leave a reply