FC2ブログ

獅子の瞳が燃えて、松の内たちまち終わり

上原先生逝去を悲しんでいたのもつかの間、先だ先だと思っていたCSチャンネル・ファミリー劇場「ウルトラマンレオ・HDリマスター版」の放送が一昨日よりスタートしてしまった。

この枠でウルトラシリーズがHDでオンエアされるときは今まで「俺のベストエピ10本」を放送日前にアップしていたのだけど、今回はそれすらすっかり忘れていたのであった( ̄。 ̄;)

※ファミリー劇場でOAされたウルトラシリーズに関しての参照過去記事
「帰ってきたウルトラマン」
「ウルトラマンエース」
「ウルトラマンタロウ」

遅きに逸した感はあるが今回も我が輩の好きなエピを10本さらりとご紹介。

の、前に自分と「レオ」の関わりを簡単に振り返ってみると、初回放送は昭和49年の春だったので私は小学校2年生になったばかりだった。数年前から子供の間で爆発的流行をしていた「第2次怪獣(「マジンガーZ」以降のロボットアニメ人気も含んだ)変身ブーム」はまだ続いてはいたものの、この頃はそれも既に下火近くになっており、かつての熱狂もやや沈静化を見せ始めていた頃ではなかったかと思うのである。

我が輩のことで言うとこの年の頃は完全にライダー>ウルトラと自分の中での重要度がシフトしてしまっていて、同時期に放送されていた「仮面ライダーX」と「アマゾン」の方を熱心に見ていた記憶がある。

そのため「レオ」についてもリアタイ鑑賞時の印象があまりなく、まとめて全話を見たのは数年後の再放送だったはずなのだ。

むしろ私の場合は小学館の学習誌「小学二年生」で内山まもるさんが連載していたコミカライズ版「レオ」の方を一生懸命読んでいたこともあって、どちらかというとテレビよりこちらのほうへの馴染みが当時は強かったかもしれない。

uchi.jpg

さらに翌年進級して「小学校三年生」を読むようになると番組は終了していたが漫画の方は内山さんの手によって「さよならウルトラ兄弟」(のちに改題され「ザ・ウルトラマン」となって単行本化もされた)というオリジナルストーリーが展開されるようになり、この2年で漫画の中では主役級の扱いだったレオに対するイメージはかなり良くなっていたのである。

そんなわけで夢中になるとっかかりが漫画からとなってしまった私にとっては極めて珍しいウルトラシリーズである「レオ」の中で、好きだった回、思い出深い回を以下短い感想とともに10本あげてみることにした。

○第三話「涙よさよなら…」/第四話「男と男の誓い」(脚本/田口成光 監督/深沢清澄)・・・これはとにかく子供心にめちゃめちゃトラウマを残された回で、夜道を仲良く歩いていた親子が突如として通り魔的な宇宙人に襲われ、子供の目の前で父親が惨殺されるという場面を何の躊躇もなく見せられてしまうのである(しかも両手が日本刀みたいなヤツに体バラバラにされて( ̄。 ̄;)) 人生には何の前触れもなく理不尽な不幸が訪れることがあるんだよと無理矢理啓蒙された気分になれるメンタル的にもひじょーにキビしいエピソード(あと「滝切り」の特訓もわりと好きな場面)早くも次の土曜日には放送されるので、CS契約してる人にはとりあえずその地獄絵図を(__;)その目で見てもらいたい。

○第二二話「レオ兄弟対怪獣兄弟」(脚本/田口成光 監督/深沢清澄)・・・内山さんの漫画のおかげでレオの出自がよくわかっていたこともあり、行方不明になっていた弟のアストラが登場するというのは劇中で何の説明もなかったが特に問題もなく楽しむことが出来たし、もともとこういう「たまにやってくる助っ人キャラ」って私は好きだったので(「変身忍者嵐」の月ノ輪みたいな)この新キャラの導入は単純に歓迎していたと思う。

○第二四話「美しいおとめ座の少女」(脚本/奥津啓二郎 監督/前田勲)・・・子供っぽいタイトルとは裏腹にお話は意外に良くて、シナリオの精度はかなり高かったのではないかと思うのだが、如何せんメインで出てくるロボット怪獣ガメロットのデザインと造形がよろしくなく(ほぼ「マジンガーZ」に登場するボスボロットにしか見えなかった)ファンタジームードぶち壊し(~_~;) しかしゲストの天本英世と松岡まりこ(「仮面ライダーアマゾン」でもヒロインのりつこ役で出演。我が輩好きな女優さんの一人)の好演に救われて全体的には見られる回になっている。

○第二六話「ウルトラマンキング対魔法使い(フィルムによっては「ウルラマンキングのおくりもの」になっている場合もあり)」(脚本/田口成光 監督/大木淳)・・・ウルトラ一族のラスボス・ウルトラマンキング登場。この回の話の流れが「一寸法師」だったこともあってか、ほとんど出方は民話(じっさいこの回より6エピに渡って「日本民話名作シリーズ」と銘打った昔話をネタにした話が展開されていく)に出てくる神様のような扱いだったけど、まさにそんなイメージの存在感。個人的にあのヒゲのデザインは貫禄あって好きなのだよ。

○第三四話「ウルトラ兄弟永遠の誓い」(脚本/阿井文瓶 監督/前田勲)・・・これも内山さんの漫画版を読んだのが先だったかなー?変身できなくなったダンに郷秀樹が新しいカプセル怪獣を届けに来るというストーリーが、なんとなく帰ってきたウルトラマン第一八話「ウルトラセブン参上!」の裏返しというか、新マンの恩返し的エピにも感じられて私は好きだった。またイメージカットとはいえレオの一話以来はじめてセブンに変身した姿を見せたのにも感動した。

○第三六話「飛べ! レオ兄弟 宇宙基地を救え!」(脚本/田口成光 監督/岡村精)・・・MAC隊員に化けて基地に侵入してきた アトランタ星人(「スペクトルマン」の成川哲夫。このときは"五代勝也"名義で出演)に対してゲンとダンは主にテレパシーでやりあうのだが、その構図が地球人の知らないところで行われている宇宙人同士の静かな闘いという(三人だけはお互いが何者かをわかっているという状況下で)スリリングな構造を生んでおり、これがなかなかの好編に仕上がっている。

○第三七話「怪奇!悪魔のすむ鏡」(脚本/田口成光 監督/岡村精)・・・カオル(現声優の富永みーな・子役時代は本名の富永美子で出演。なんと我が輩と全くの同い年)の亡くなった母親に化けて彼女を鏡の向こう側の世界へ連れて行こうとするマザラス星人がやたらコワい(>_<) これがまた星人側は自分の死んだ娘にそっくりなカオルを求めてそのような行動を取っていたのだけど、母を求めるカオルとある意味利害が一致(?)していて幻想的な演出をされてはいるが作劇としてはあまりにもシビア(しかも星人の正体が鬼女そのままの姿というのがなんとも)

○第四〇話「MAC全滅! 円盤は生物だった!」(脚本/田口成光 監督/深沢清澄)・・・いやー、三話以来の辛くて悲しいトラウマ回になってしまった(T^T) それでもまだこちらに救いがあるのはここまでMACの隊員たちをあまりきちんと描いてこなかったおかげで彼らに対する感情移入が薄かったことと、ダンの生死をハッキリさせなかったことでひょっとしたら最終回に帰ってくるんじゃないか?という期待を持たせたことかな。その分カオルや百子たちの死はショッキングではあったけど、これもその瞬間を見せられなかっただけマシだったかなと。なんにせよ「レオ」のシリーズ通した中でもそのインパクトはきょーれつ。

○第五〇話「レオの命よ! キングの奇跡!」(脚本/石堂淑朗 監督/山際永三)・・・「エース」で超獣カウラにされた故・蟹江敬三さんがウルトラに再び登場、謎の宇宙人ブニョを怪しさ大ヒットに熱演(奇しくも脚本はカウらの時と同じ石堂淑朗さん)この回の面白さはもうコレがすべてであると言っても良い。

○最終回第五一話「さようならレオ!太陽への出発」(脚本/田口成光 監督/山際永三)・・・リアタイで見たときは内容じゃなくもう来週からウルトラの放送がない(新しいウルトラマンがもう来ない)という、そっちのさみしさの方が強かった記憶がある。ここまでの4年間(子供にとってはほんとに長い時間)必ずそばにいたウルトラマンが居なくなるというのはとてつもない喪失感があり、そのことを理解するのにしばらく時間が必要だった(その年(昭和50年)の暮れには仮面ライダーも「ストロンガー」でいったんシリーズが終了することになり、その思いはさらに強くなるのだけどね)

そんなわけで今回のオンエアではその頃の自分を思い返しながら見返していくつもりである。ファミリー劇場が視聴可能な皆さんにも是非ご覧になっていただきたい。

関連記事
しろくろShow
Posted byしろくろShow

Comments 10

There are no comments yet.

怪しい鱗人  

私がウルトラマンレオの最初の放送を見たのが小学1年生でした。仮面ライダーシリーズは子供心にショッカーって組織が本当にありそうで怖くてあまり好きではありませんでした。ウルトラマンレオは私にはちょっと怖くてドキドキしながら見たり、怖くてちゃんと見てなかったりであまり記憶がありません。再放送を含めて約40年ぶりの視聴になりますので楽しみにしております。

2020/01/13 (Mon) 18:48
しろくろShow

しろくろshow  

わたしもかなり久しぶりですよ

>怪しい鱗人 さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

なるほど、怪しい鱗人さんは私とほぼ同世代と言うことになりますか(~_~;)ブログお邪魔していてどの記事にも親しみがあるなと感じていたのはそのせいだったんですね(たぶん子供の頃に見てきたモノも殆ど同じだったのではと予想しています)

私も全編通して見るのは数年ぶり(インターバルは一〇年以上かと)になると思います。少し前にhuluやnetflixなんかが配信していたときもありましたけど、二,三本見てそのままになっているウチに終了してしまいましたし(__;)(今Amazonプライムで「タロウ」だけはやってるみたいですが)

Amazonといえばたまたま今日「万華鏡の女 女優ひし美ゆり子」が届いたので、コレ読んだら早く二九話(「運命の再会!ダンとアンヌ」)も見てみたくなっています。

当面は週末の楽しみが続きそうですね(^^)

2020/01/13 (Mon) 20:30

楽珍劇場  

キングの「キーなど問題ではない!」に「そんな訳ねーだろ!」と全宇宙がツッこんだあの日

レオは変な方に突き抜けた感がある作品ですね
明らかにやり過ぎだろうという…
でもそこがレオの魅力だと思います

レオ本人も肉弾戦が似合っていて、文句なくカッコ良いです

好きなエピソードといえば、いきなりクライマックスな第1話ですねぇ

前半、セブンがマグマ星人一味にズタボロにされて(ここでもセブンの足折りというトラウマシーンが…)絶体絶命と言うところに駆け付ける我らが新ヒーロー、ウルトラマンレオ!は非常にGOODです

この時に流れるBGM「真紅の若獅子」がまた素晴らしいんですよね、燃える!

2020/01/14 (Tue) 00:09

ダリルジョン  

おはようございます!

でしたねぇ、
ライダーシリーズが、、ストロンガーまでは、観てたかな?
ウルトラシリーズが、、レオまでぎりぎり、、、
アニメブームが来てましたからね。

確か違うウルトラの星の兄弟でしたかね?
そう、モロボシダンが、隊長役でした。
特訓をしていたのを覚えてますよ!

2020/01/14 (Tue) 08:42
しろくろShow

しろくろshow  

煙突ヌンチャクとかもかっこいいと思っていました

>楽珍劇場 さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

対ケットル星人の時に工場の煙突をヌンチャクに見立てたところは不覚にも(?)かっこええ!と思ったモノでしたよ(あとでちゃんと元戻したんだろうなとか、いらぬ心配もしましたが)

それで録画していた一話+二話を見たんですが、セブンのあの足の折られ方はたまらん痛々しさがありましたねー(__;)(怪獣にねじ切られるんじゃないかと心配になるレベル)その後のダンが半ばむりやりゲンをMACに引き入れるくだりも含めて名台詞の「沈む夕日が私なら・・・」が視聴者である我々をも力ずくで丸め込んでいるような感じがいたしました。

あと百子役の丘野かおりさんが今見たらめちゃめちゃかわいいなと(__;)今頃になって気がついております。

2020/01/14 (Tue) 19:46
しろくろShow

しろくろshow  

あの寂しさは今でも忘れません

>ダリルジョン さん

こんばんは、コメントありがとうございます<(_ _)>

「ストロンガー」と「レオ」が終わった直後はほんとに悲しかったことを覚えています。このあとウルトラは「80」まで5年(アニメの「ザ・ウルトラマン」なら4年)ライダーは「スカイライダー(番組タイトルは「仮面ライダー」)」まで4年と長期にわたる空白期間が出来るわけですが、今ならどってことないインターバルも当時はものすごいブランクに感じましたですね。

>>違うウルトラの星の兄弟でしたかね?

設定上は獅子座L77星の出身と言うことになっていますが、登場して直ぐに「ウルトラマン」を名乗っていたことからすると種族的には同じだったのかもしれませんね。違うのは地球上でレオの姿でいられるのが2分40秒というところと光線技があまり使えないということくらいで。

2020/01/14 (Tue) 19:57

ハヌマーン&さとる  

富永美子

私も妹がいたので、犠牲者名簿の中にカオルの名前を見つける場面は衝撃的でした。
その富永さんが、『ウルトラマンR/B』からブースカの声でウルトラマンシリーズに帰ってこられたことが感動的に嬉しかった。
あと、劇中で歌っておられた「大の字に寝っ転がって」という歌が謎だったのですが、あれは、当時の富永さんが出まかせに作った歌だと聞いて脱力したことがあります。

2020/01/14 (Tue) 22:03

トガジン  

何かが終わりを告げるとき

こんばんは。

私、努力だの根性だのと汗臭いのは大キライなのですけど、『レオ』は最初の主題歌「ウルトラマンレオ」(「♪宇宙に輝くエメラルド~」のほう)が鳥肌立つほどカッコ良くて毎週ほとんど欠かさず見てました。
あとは百子さん(丘野かおりさん)目当てというエロガキでもありましたが(笑)。

その百子さんが突然死んでしまう第40話は子供心に大ショックでしたね。
近所の綺麗なお姉さんがお嫁に行ってしまった時みたいな寂しさを感じました。

でも、そのあと始まった円盤生物シリーズもかなり好きだったりします。
ウルトラマンが特殊部隊に属さず、ひとりの一般市民として生活しているという図式がなんだかとても新鮮でした。
あのラスト12回だけ主題歌を「ウルトラマンレオ」に戻して欲しかったと今でも思っています。

百子役の丘野かおりさん・・・。
『レオ』降板後は特撮作品はおろか通常のドラマにもほとんど出演されていないようです。
今どこでどうしていらっしゃるのでしょうかね。
パラレルワールドの話である劇場版『大決戦!超ウルトラ8兄弟』にレオも登場させて(あの映画の郷秀樹とアキみたいに)ゲンと百子が別世界で結ばれているところを見せて欲しかったですねえ。

2020/01/14 (Tue) 22:59
しろくろShow

しろくろshow  

妹持ちにはキツかったですね

>ハヌマーン&さとる さん

こんばんは、コメントありがとうございますm(__)m

そーなんですよ、私にも妹が居るのであの場面は心が痛くなりました(>o<)それにしても富永さんはほんとに息の長いタレントさんですよね(意外と洋画系吹き替えもたくさんやっておられて「ダーティーハリー」で名前を見たときはびっくりしたものでした(たぶんスクールバスの子供だと思うのですが))

2020/01/15 (Wed) 19:38
しろくろShow

しろくろshow  

なんで変えてしまったのかと

>トガジン さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

私も初期の主題歌が大好きだったので、突然の変更には納得できなかったクチです。あの悲壮感あふれる歌詞とメロディラインが「レオ」のドラマ内容に合っていてすごく良かったのに、♪戦えウルトラマンレオ♪だと何度聞いても「すごくふつー」という印象しか残らなかったんですよね(__;)(当時は子供心に「なんかガキっぽい歌に変えやがって(-.-#)と感じていました)

あの歌を唄っていたヒデ夕樹さんはわたしの大好きなシンガーなのですが、こと「レオ」に関してはちょっとだけ嫌いになっていたかもしれません(完全な言いがかりではありますけど( ̄。 ̄;))

それと丘野かおりさんですが、わたしも今どうされているのか気になっているひとりです。洋泉社が「あんなこと」にならなければ「特撮秘宝」誌上で探してくれたかもしれないのに、そう思うと残念でなりませんね。

2020/01/15 (Wed) 19:51

Leave a reply