FC2ブログ

ゾディアーツスイッチを押すのは今夜か

◇しかしまあ今年は身の回りでいろんな事があった関係で1年過ぎるのが例年以上に"あっ"という間だった。そのせいというわけでもないけど劇場へ映画を見に行った本数もかなり少なかったし、何か新しいことをしようという意欲も殆ど湧かなかったので、ある意味メンタルコンディションもあまり良くなかったような気はする。そのことがこのブログにも多少影を落としていたのか、アトランダムに振り返るとひじょーに薄口な中身で終わってしまった感もあり(常に薄いわと言われたらそらぐうの音も出ないのだけどさ(‘・c_・` ;))来年はもうちょっとなんとかせないかんわなー・・・。

以前の記事で10月にお亡くなりになった八千草薫さんの事を少し書いたのだが、11月と12月も自分にとっておなじみな方々の訃報が相次いでまあまあショックを受けていたのである。

それはたとえばSF作家の眉村卓さん(中学から高校にかけての頃、よく筒井康隆や星新一の本と一緒に読み漁っていたものだ)だったり声優の中村正さん(「奥様は魔女」のナレーターとか「チャーリーズ・エンジェル」のチャーリー役なんかが好きだったなあ)同じく声優の井上真樹夫さん(我が輩特撮ファンなので五右衛門やハーロックや花形よりも「アクマイザー3」のザビタンとか「スペース1999」のナレーターなんかの仕事が印象深いのである)そして自分の場合だとなんと言っても特撮監督の矢島信男さん

矢島さんの最高傑作は今でも「夜叉ヶ池」の大洪水シーンだと思ってるけど、あれが未だに表に出ない(ソフト化されていない)というのは本当に残念だ(スーパー戦隊シリーズの「ゴーグルV」で一部そのシーンが流用されている)

ほかにも梅宮辰夫さん、高井保弘さん(元阪急ブレーブスの野球選手)バスボンのCMギャルだった松本ちえこさん、女優の木内みどりさんと名前を挙げていけばキリが無いが、私が子供の頃から活躍されていた皆さんがこうして逝去されていくのは心底寂しいと言うほかないのだ。遅まきながらではありますがここに謹んでご冥福をお祈りしたいと思います、合唱(‐人‐)

◇訃報話の後は「映画秘宝」休刊という悲報(こんな駄洒落も物悲しいわ(>_<))出版元の洋泉社が親会社である宝島社に吸収合併されることに伴い、すべての発行書籍をいったん白紙化するということで「映画秘宝」本誌は言うに及ばず、それ以外の「別冊映画秘宝」や「特撮秘宝」等のムックもすべて休刊になるとか。別に売れ行きが悪いわけでも無い雑誌がこういう憂き目に遭ってしまうのは気の毒というか、編集サイドにとっても読者にとってもじつに不幸なことだ(企業論理の前には「ちっちゃい事」として処理されてしまうのだろうけど)

しょうじき私自身は「映画秘宝」本誌が月刊化された99年以降、あのサイズ(A4)になってからは定期購読をやめてしまっていたけど(創刊号である95年のエド・ウッド特集からワンテーマA5版時代の本誌はずっと買っていた)それでも別冊で出ていたムックは8割方購入していたし、特に特撮ジャンルの物についてはほぼ全冊を入手していたと思うのである。もともと「秘宝」は宝島社が出していた「映画宝島」を発展させた形でスタートした物だったから、今度もそうしてくれれば良いんじゃ無いかと期待はしてるけど、まさか創刊25周年を迎える来年を前にこういうことになるとはねー。いつの世も好きだった雑誌との別れはつらい物だが今回はちょっと突然すぎる(下の写真は左から70年代に芳賀書店から出ていた「映画宝庫」、次がおそらく同誌の編集スタイルを意識して作られたであろう「映画宝島」、 で、それの完成形(?)となった「映画秘宝」の創刊号。今後宝島社にはこの流れを踏襲・発展させたうえで"続き"を出版されることをぜひともお願いしたい)
IMG_1242.jpg


◆そんなわけでこのブログの年内更新はこれで最後となります。今年一年遊びに来ていただいた皆さん、本当にありがとうございました<(_ _)> 来年も引き続きよろしくお願いいたします_(._.)_

何方様も良いお年をお迎えください(^o^)/~~~
関連記事
しろくろShow
Posted byしろくろShow

Comments 6

There are no comments yet.

怪しい鱗人  

高井保弘さんは亡くなっていたんですね。巨人のV9が終わって阪急の黄金時代に野球を見始めた自分にとって、山口高志さんとか少年時代に大ファンでした。

特撮秘宝は2冊ほど持っていますが休刊になってしまうのは残念です。

来年もよろしくお願いします。

2019/12/31 (Tue) 15:37
しろくろShow

しろくろshow  

ほぼ同じでした

>怪しい鱗人 さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

私も野球にハマったのが昭和で言うと五一年の春でしたので(ちょうど10歳の時)高井さんの現役時代はよく覚えています。当時は既に指名打者制度が導入されていたので「代打男」としてよりも強打のDHという印象が強かった気がしますが、王者阪急看板選手の一人でしたよね。

それから怪しい鱗人さんには今年も拙ブログに足を運んでいただき、本当にありがとうございました<(_ _)> 来年も引き続きよろしくお願いいたします。

※良いお年をお迎えくださいませ(^^)

2019/12/31 (Tue) 16:25

楽珍劇場  

今年も楽しませていただき、ありがとうございました!

今年は遂にお会いする機会が無かったですね
また新みなみ会館ででも合流できれば嬉しいです

それはそうと、今年最後にビッグネームの訃報が…
デザイナーのシド・ミード氏が亡くなられたそうですね

ライトサイクルやポリススピナー、ターンエーガンダムなど、
氏のデザインワークはどれも大好きでした
非常に残念です

ちょっと湿っぽくなりましたが、来年もよろしくお願いします!

2019/12/31 (Tue) 22:02
しろくろShow

しろくろshow  

チェックが遅れました

>楽珍劇場 さん

年内にお返事できずすいませんでした_(._.)_
既に良いお年をお迎え中だとは思いますが今年もよろしくお願いいたします。

本年はみなみ会館以外でもどこかでご一緒できたらと思っているので(それこそ高松でもいいですし)その際は思いっきり合流いたしましょう。

2020/01/01 (Wed) 00:44

はらみ  

初めまして。たまに拙ブログを覗いていただいてるようで嬉しいです。
「映画秘宝」休刊しちゃうんですね。
今の形状になってからは買ったことはないですが読みたい記事は立ち読みしていました。
映画宝島とA5のときの映画秘宝も特集によっては購入していました。
因みに写真の右2冊は私も持ってますよ~。懐かしいです。

2020/01/01 (Wed) 20:44
しろくろShow

しろくろshow  

よろしくお願いします

>はらみ さん

こんばんは、はじめまして。ならびに新年明けましておめでとうございます<(_ _)>

「秘宝」の休刊は年の瀬に飛び込んできたニュースの中でも特に悲しい報道でしたねー・・・「映画宝島」が以前のスタイルで復活してくれたらなんの不満もないのですが、いったいどういうことになるのか、今は不安の方が大きかったりします。

※これを機にまたいつでも遊びに来てください。今後ともよろしくお願いいたします。

2020/01/01 (Wed) 21:24

Leave a reply