FC2ブログ

♪視れば いつでも眠くなるー、ふわぁ~と眠りが忍び寄るー

このブログでは過去何度か同じ話を書いてきたが、最近加齢のせいなのかとみに睡眠時間が早くなって困っているのである。そもそもふだんからそんなに目一杯働いているわけでもなく(月-金はほぼ8時~17時の定時勤務で残業ならびに休日出勤は年間20日程度)バリバリ激務をこなしておられるご同輩に比べれば元気・余力がもっとあって然るべきだと思うのだけど、それを近年自分の中で感じることが殆どできなくなっているのだ。

平日だとだいたい18時には帰宅して19時には食事も終わり、風呂入って就寝準備に突入するのが23時頃で、そこから午前2時位までが我が輩の家庭内ゴールデンタイムだと自覚していたのだが、情けないことに0時を過ぎると猛烈な睡魔に襲われるようになってしまい(-_-)゚zzz…映画はおろかドラマすら一晩で1エピソード完走できない状態がここしばらく続いているのであった。

やはり布団に入って深夜テレビを見るという行為がもはやこの52歳5ヶ月の肉体には耐えられなくなっているのかと( ̄。 ̄;)ここにきて諦めの境地に達した我が輩はそれならやり方を変えようと思い、小さい変化をいろいろと取り入れることにしてみたのだ。まず見たいモノがあるときは布団ではなく疲れにくい椅子に座って見るようにしたのだが、そのため数年使用してガタガタになっていた古い二人がけソファーを入れ替え、一人用の大きな座椅子にチェンジ。これだとテレビ画面のセンターにポジションも取れるし音と画面のバランスも良くより集中してモニターに対峙することが出来る。

そして今回思い切ってテレビそのものをバージョンアップすることも決めたワケだが、そうはいっても超ビンボー映画/特撮ファンの我が輩にとって4K/8Kの高品位テレビやHDプロジェクター等は敷居が高く(プロジェクターなんか家が狭くて設置も投影するところもないうえ(T^T)予算の限界はMaxでも7万を切るくらいだし)最初は値下がりしていたPlayStationVRみたいなヘッドマウントタイプを買おうかと考えていたのだけれども(アレ被ると眼前に200インチ相当の大画面が現れるそうだよ)ただでさえ疲れやすくなっている時にあんなモンかぶって二時間も映画見られへんだろうと(ーー;)いう考えに至り、最後は「とりあえずデカくて安いテレビを探そう」という結論に達したのである(現状が40インチなので最低でも50以上にはしたかった)

いろいろ調べてみたら内蔵チューナーを持たない「4K対応」モデルで海外およびマイナープランドであれば我が輩の予算でも手が届くテレビはけっこうあったので、三日ほど悩んでから(^_^;)最近復活した懐かし家電メーカーaiwaの55インチに決めた。これが税込みで67800円とまさに希望通りの値段だったのだ(これ以外だとmaxzenとハイセンスも候補になっていたが、AIWAといえば若かりし頃ラジカセもコンポも自分が持っていたのはすべてココだったので、名前で決めてしまったところはあったかもしれない)

ちゅーことでブツは届いてないため果たして今回の買い物がアタリかハズレかはまだわからんのだけど、これが来れば年末年始の深夜はしっかり眼を開けて色んなモノを視てやろうと計画中(問題なければネットフリックスの4K化くらいは考えても良いかもしれないなー)そんなわけでたぶん次の更新はテレビ設置後になることでありましょう。続報は寝て待て((^_^;)\(・_・) オイオイ)
関連記事
しろくろShow
Posted byしろくろShow

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply