FC2ブログ

日本一??パ・リーグじゃ二番目だ

201804170003_000_m.jpg◇今年の日本シリーズで一躍全国区になったMVPの福岡ソフトバンクホークス・甲斐拓也だが、彼の売りである鉄砲肩を「甲斐キャノン」と呼ぶようになったのはじつは昨年からだった。

その由来については我が輩今の今までまったく気がついてなかったのだけどアレってガンダムから来ていたそうだね。この件はホント最近「甲斐=カイ・シデン/キャノン砲=ガンキャノン」の合わせ技だったというのを聞いてホークスファンでファーストガンダムも好きな自分がなんですぐわかんなかったんだろうと、ほとほと己の鈍さがイヤになってしまったのですわ(今年甲斐が盗塁を刺すとドームのビジョンには左上画像のような映像が出る演出がなされていたのだけど、来年はサンライズと提携してホントにガンキャノンの映像使ったらおもしろいかも)

◆少し前にアマゾンから届いた「別冊映画秘宝・怖い、映画」を読了。

ここ最近我が輩は「わかりやすい恐怖映画」(これはストーリーがどうこうというよりまず"怖さの前提条件が明快にある"という意味で)を求めていたのだけど、めっちゃ期待して見た「コクソン」「イット・フォローズ」「マザー」といった最近のホラー映画がどうにも曖昧模糊な内容ばかりですっきりせず(それはそれで面白い要素もあったんだけど)軽い不満を覚えていたのであった。

それがこの本を読むとああ、ありゃ怖かったよな~的な想い出の恐怖映画タイトルが大量に詰め込まれており(「顔のない眼」「恐怖の足跡」「マニアック」「悪魔の墓場」「サランドラ」等々、いちどは見たことのある映画もたくさんある中で)読んでいるうちにあれも見たいこれも見返したいという気分になってしまったのである。

そのほとんどが70-80年代の作品であるということを考えても自分の感性はもはや現代娯楽映画のそれに届いてないのかなと(新作でも「IT」や「死霊館」シリーズは面白かったけどあんまり怖くなかったんだよねー・・・)不安にもなってしまうわけだが( ̄。 ̄;)懐古系ホラー映画ファンにとってはじつに楽しい本でもあった。

個人的に好みの記事だったのはジャック・フィニイのSF小説『盗まれた街』を基に三度も映画化された「ボディスナッチャー(または「ボディスナッチャーズ)」についてのページで、"強迫観念を刺激される映画"として括られていたのはなるほどなと納得したな~。

◇今週末の三連休で米子へ一泊旅行に行く。我が輩の目的は三度目の参加となる「米子映画事変」で開催される目玉イベント「全国自主怪獣映画選手権」を見ることなのである。今回はなんと24日に米子大会(第12回)25日は別府大会(第13回)とハシゴになっているそうだ(単に主催者が皆生-別府と温泉巡りしたいだけじゃないのかと穿った見方をしてしまうのだが(ーー;) わたしは米子大会のみの参戦予定)

米子/別府方面のお近くに住まいの方、あるいは連休中にこの界隈に行く予定のある方で興味のある人は下のポスター画像や本記事の各リンクを参考にして現地まで足運んでみてください。自主映画見たことない人が見たらいろんな意味でビックリするような作品がたくさんあると思いますので、ぜひその目で確かめていただきたいと思います。

あと、この上映会はけっこういろんな地域を廻っているようなので、今回来れなくともいつかはあなたの住む町に行くかもしれません(ここのみ「花の子ルンルン」の主題歌メロディに乗せて読んでいただきたい)
tagu.jpg


※ 過去記事アーカイブ
 
 ○第2回全国自主怪獣映画選手権高松大会(2015年)
 ○第4回全国自主怪獣映画選手権米子大会(2015年)
 ○第7回全国自主怪獣映画選手権米子大会(2016年)


◆mikaidouさんにコメントをいただいたので、その件についても追記。私が米子でウロウロしている予定の11/24(土)、関東ではこのような楽しそうなイベントが控えているのである。

「監督 山際永三、大いに語る 映画『狂熱の果て』から「オウム事件」まで」出版記念トーク 」

日時:11月24日(土) 15時~
会場:ブックカフェ20世紀
住所:東京都 千代田区 神田神保町2-5-4 開拓社ビル2階
会費:3500円(1ドリンク・シングルス懇親会付き/トークショーのみだと2500円で1ドリンク付き)

詳細はブックカフェ20世紀のホームページFacebook、または上記リンク先のポスター画像を参照。

このイベントは私のお仲間であるKeiさんこと新井啓介さんが企画されたものなので、行けるなら行ってみたかったのだけど、おもいっきり反対方向への旅行とバッティングしていたので( ̄。 ̄;)やむなく断念していたのであった(それと関東方面への遠征に対してまだまだ敷居が高いと感じている田舎モン根性が抜けない事もあったりで・・・(;´Д`))

山際永三さんといえば私の中では真船禎さんと並び第二期ウルトラシリーズの映像派(けっして駄洒落じゃないすよ(ーー;))監督筆頭という印象のある演出家で、中でも帰ってきたウルトラマン第35話「残酷!光怪獣プリズ魔」における本編映像の凝った見せ方は氏の真骨頂だったと思うのである(幻想的な特撮パートにまったく負けていないのがスゴイのだ)

聞き手がライターの白石雅彦さんでゲストが高野浩幸さん(70年代に特撮モノの子役スターとして活躍された俳優さん。「超人バロム1」の健太郎役が印象深い人)とメンバーも良いし、きっと当時のいろんな面白い話が聞けると思うので東日本エリアの特撮ファンの方はこちらへ行ってみてくださいませ(そして西日本の特撮ファンは米子か別府へと言うことで( `・ω・´)ノ)
関連記事
しろくろShow
Posted byしろくろShow

Comments 2

There are no comments yet.

mikaidou  

いつかはあなたの住む町へ

🎶ルルルンルンルン
ルルルンルンルン しろくろshowさまのブログで歌ってしまうとは!
『いつかは私の住む町へ来るかもしれませんー』って、来ないだろう確信はあるので、『少年ドラマシリーズ関係』だけのために、神保町まで行って来ます。
いつかは怪獣映画のために米子にも?

2018/11/21 (Wed) 06:47
しろくろShow

しろくろshow  

♪タンポポはおひるねまくら

>mikaidou さん

こんばんは、コメントありがとうございます_(._.)_

子供の頃は♪アカシアのアーチ♪がなんなのかわからなかったしろくろです(ーー;)

神保町の方は24日の方でしょうか?それとも12/1でしょうか?両日とも高野さんいらっしゃるみたいなんで「謎の転校生」の話もいっぱい出るでしょうね~。

ぜひ楽しんできてください(^^)

2018/11/21 (Wed) 18:59

Leave a reply