FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

Archive2021年02月 1/1

昭和のチームリーダーがまた一人去って行く

一昨日のニュースで俳優の瑳川哲朗さんが亡くなったことを知った。・時事ドットコム「俳優の瑳川哲朗さん死去」記事によると逝去されたのは17日だったそうで、難病のALSを患っておられたとのこと。私のような特撮ファンからすると瑳川さんはなんと言っても「ウルトラマンA」のTAC・竜隊長であり、後続番組であった「ウルトラマンタロウ」「ウルトラマンレオ」のナレーターを担当された、実に三年にわたって同シリーズでレギュラ...

  •  2
  •  0

四人のパワーでLOVE湯チェンジ

少し前にも書いた純烈の初主演映画「スーパー戦闘・純烈ジャー」(しかしまあ改めて字面を見たらすごいタイトルだよな(__*))これの主題歌が24日にサブスク解禁となり、早速聴いてみることにした。タイトルは♪NEW(入浴)YORK(そこの君笑わないように( ̄▽ ̄;) と、いうことで先のリンクのいずれかで1コーラス程度試聴が可能。ちらっとでも興味のある方は物見遊山感覚で是非一度聴いてみていただきたい←spotifyは無料会員でもフ...

  •  0
  •  0

まさに虚仮の一念、岩をも通す

前の記事でタイムトラベル映画のことを書いたからというわけでもないけど、良いタイミングでこれまた大好きだった「ある日どこかで」が2/14のバレンタインデー(映画の内容にぴったりな日だよなあ)にBSテレ東で放送され、字幕版については既に所持していたのだけれども、今回は新録での吹き替えと言うことで我が輩しっかりと録画していたのであった。BSテレ東としては何度目かの試みとなるが(確か最初は「タワーリンク・イン...

  •  5
  •  0

ある意味では「木の芽時」でもあったりする

No image

年に何度か唐突かつ猛烈に見直し・見返したくなる映画というのがある。それはだいたい80年代に見た物がほとんどで、考えてみればこの1980~89年というのは自分の年齢が14才~23才という人生でもっとも必死に映画を見た時期だったこともあり、これはもうその作品がどんな珍品・駄作であろうとももはや細胞レベルで己に刻まれた物であったということだ。しかしそういう映画に限って意外と手許に持ってないケースが多く、今回の場合だ...

  •  4
  •  0

恐れていたファミリー劇場のHD放送宣言

今日から2月と言うことで各所から新たなる特撮系ニュースの一群が入ってきた。このブログでは珍しく三日連続の更新となったが急ぎ紹介しておきたい(たまにはこういうパターンもあると言うことで( ̄▽ ̄;))☆まずは1/24の記事で書いたBS日本映画専門チャンネルで三月から放送予定の「ゴジラシリーズ 4Kデジタルリマスター最恐画質8ヶ月連続放送」の詳細が発表になった。3/6放送の「ゴジラ」(54)を皮切りに「キングコン...

  •  6
  •  0