FC2ブログ

You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて

Archive2020年04月 1/1

直前で気づくこともある

◇少し前母親に自分が持っているFireTV スティック2本のウチ1本あげたのだが、もともと第一世代で少し古くなってきたこともあったし4K対応している新機種を買い直そうと思っていたのだ。ところが、外出自粛をやかましく言うようになってからというものAmazonでの在庫補充がなかなか見られずに、今日現在でも「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定」となったままで買い足すことが出来ずにいるのである。やっぱりこの手のヤツは今「お...

  •  2
  •  0

春の脳内棚卸しPART2

No image

そんなわけで前回の続き。今回は映画以外の話を書くが、それはなにも見た本数が少なかったというわけではなく、逆に多すぎてアタマの中の整理がついていないからというのもあるのだ(明日契約が終了するWOWOWのおかげで日々垂れ流し的に映画をかけていたような状態だったし←こういうのを「流し見」という( ̄。 ̄;)きっと適当に見てるから記憶に残っていかないのだろうなあ)「ストレンジャー・シングス/未知の世界」(Netflix)・・...

  •  0
  •  0

春の脳内棚卸しPART1

No image

最近自宅で見た映画を脳の皺から少しずつ抽出。忘れる前に(__*)こっそり(?)感想をメモっておく。「アナイアレイション -全滅領域-」(Netflix)・・・あらすじ聞いたときは「首都消失」みたいな話かと思ったけど、どちらかというと手間かけた「盗まれた街」風の映画と言った方が良さそう。予想してたよりぜんぜん面白い中身で、特にどう見ても動物でしかない生物の口から人間の呻き声がするという場面にゾクゾクっとする恐怖が...

  •  2
  •  0

伝説の午後・いつか見た野原ひろし

◇大林宣彦監督追悼ということで今月は何本かを日替わりで見ていたのだけれども、私が所持している大林作品の中ではやはり「HOUSE」の奇妙で斬新で可笑しくて綺麗で意味不明な面白さというのは群を抜いて突出していたように思えた。もともとは初期尾道三部作から大林映画にハマッたクチの我が輩だが(高校一年の時に「転校生」を劇場で見て死ぬほど感動したのがきっかけ)今見たらこちらの方が大林さんの本質的リビドーを全開に感じ...

  •  4
  •  0

三密より壇蜜がいいなと

あんないい女ばかりの密室ならわたしゃノーマスクでも突入すると思うが( ̄。 ̄;) と、そんなことはどーでもよく、実は我が輩まもなく15年ぶりの引っ越しが近づいているのである。決行日は来月10日を予定しているのだけど、今はそれに備えて断捨離の真っ最中。とは言っても自分の場合個人的所有物は本が殆どで、CDレコードの類いは9割方売却済みですべて自分のPCにデータ化されているし、映像ソフトの類いももっとあるかと思っていた...

  •  4
  •  0